メガウェイズシステムを搭載したバイキング・アンリーシュド メガウェイズが熱い

f:id:miumai:20180330012026j:plain

 

あんまり、カジノ制作に関わっている会社さんの情報とか、調べる機会がなかなか少ないんですけど
ビッグタイムゲーミング社が制作した、メガウェイズシステムというのが気になりました。
メガウェイズシステムを搭載している台の1つが「 バイキング・アンリーシュド メガウェイズ 」なんですけど

そもそもメガウェイズシステムが何かって言うと、
結論、117,649通りの最大ペイラインがあるシステムの事を意味するみたいです。
これだけ多くのペイラインが存在しているとなると、ほぼほぼ当選は確定みたいな感じですよね。

これだけ多くのペイラインが存在すると、負けるにしても大損失はしなさそうな気がするけど
実際には、これでどれくらいの損失を出しているのか気になりますね。

このカジノ会社は、ボナンザスロットなどのスロットの制作もしているので、
おそらく、知っているユーザーからしたら台にも馴染みやすいんじゃないかなって思います。

是非一度遊んでみて下さいね。

オンカジとは

f:id:miumai:20180330012026j:plain

ここのところ、パチンコでの勝率があまり宜しくないのですが、皆さんはどんな感じでしょうか。
オンラインカジノや街中のパチンコ屋と最近ではギャンブルに関する話題が絶えないですが、
今でもオンラインカジノに関して知見がない人が多いので、そんな方には「オンカジとは」と言う記事を読んでいただけたらいいかなと思います。

コロナ禍の間はパチンコには中々足が運ばないのか、地方のパチンコ屋も前ほどではないにしても今でも客足は遠のいたままだと思うので
その結果ハマり台が増えてしまう可能性も大いにあるとは思いますが、ハマり台が多いと、今後パチンコの景気が戻るにしてもパチンコをするプレイヤーが減ってしまうのではないかとは考えないんですかね?
まぁ、そうも言ってられないとは思いますが、前見たく少額でコツコツと稼げるパチンコライフが早く戻って欲しいなって思いますね。

テレビやネット記事を読んでいると、2年以内にはコロナが収束するかのような記事が上がっていたので、おそらく2022には戻ってるかもしれないですね。
それまで、あと少し辛抱ですね。

コロナ渦だからこそ、オンカジに移行する人が多いのかな?

f:id:miumai:20180330012026j:plain

日本人向けオンカジがある理由は、やはり日本人プレイヤーが多い事があり、需要があるという事ですよね。どれくらいのプレイヤー数が増えたのかに関しては、自分も確認はしておりませんが、3年くらい前にオンカジの記事を書き始めた頃はオンカジの話をしても、海外のサイトにお金を入れるのって危険な気がしてしまう、や、オンカジの勉強をするのは時間が多く使わなければならなそうだから
自分はパチンコで良いかなという知人が多かったです。

それでも、2019年頃から自分の周りでも、だんだんスマホでオンカジを通勤時間使ってやっていたり、タバコ休憩時に軽く触っていたりと、周りでもオンカジをしている人は見かけるようになりましたね。もちろん私の周りの人は英単語レベルで読むのにも少しGoogleなどを使うタイプの人なので、オンカジサイトの英文などは読めるはずもありません。

それでもオンカジサイトをやっている背景には、実際に、何百万単位では周りにはいませんが、30万前後くらいは利益が出せている人もいました。
その人は、元々パチスロで15万前後月に儲けが出せていた人なのですが、オンカジになってからはしっかりオンカジを勉強していたという事もありますが家から出る事がなく、今で言うとソーシャルディスタンスを保つ事ができて、感染のリスクを承知してまでパチンコをしにいく事もないとなると、特にコロナ渦の中ではオンカジに移行する人が多いのかも知れないですね。

パチンコ・パチスロが好きな人は色々あるカジノゲームの種類の中でも、特にオンラインスロットを好む事が多いです。パチスロとは共通点が多い事はもちろん、パチンコまとめにもあるように、今や往年のパチンコファンもオンカジでのスロットにハマる人が多いようです。

今年はポーカーも熱いのかもしれない

f:id:miumai:20180909151251j:plain

ポーカー用語を覚えてみようと思って、ページをみてみたけどポーカー用語って用語としては、思ったより少ない。絶対に覚えておくべきなのは数えるくらいしかないんですね。

なんか、ルール別、国別で異なる用語が存在するのかな?と思ってはいたんですけど、おそらく発音などが違うだけで基本的には一緒の意味を持つんでしょうね。

ポーカーは他のスロットなどの短調なゲームとは違い、そのまますぐプレイできるというゲームに比べると少し入り口の敷居が高くなってしまうようです。世の中にはポーカープロと呼ばれる人達が、世界各国のトーナメントで腕を競っていますが、ギャンブルと言うよりスポーツの試合のような雰囲気。しかもポーカーの世界で一番大きな大会での優勝賞金は、なんと日本円で10億円!素人が手を出すゲームではない?とちょっとしり込みしてしまいますが・・・

とは言っても、用語を覚えて、ポーカーのルール(ほぼ役を覚える)を理解すれば、そんなに難しい事でもなさそうに思えます。

個人的な理解ではありますが
掛ける金額を決定する(ベット)手札の枚数を引いて自分の手札に勝てる程の自信があるなら更に掛け金を追加する(コール)※このとき、相手を勝負から降りさせるために、あえてコールする選択もあるようです。

勝負になった場合、明らかに負けてしまうんじゃないかと思い込んで勝負を放棄する行為はフォールドといいます。※威圧的な意味でコールをしていた場合、相手が乗ってきた際、絶対に勝負をする必要はなく、自ら勝負を放棄(マック)する事もできます。

相手がコールした場合でも、フォールドせずに、勝負に挑む場合は相手のコールに応じる宣言(レイズ)をします。実際に手札同士での勝負となったときに、手札を公開(ショーダウン)する

ここで、役が比べられて勝負になるという、結構流れとしては何個かの条件分岐があるくらいでそんなに難しくないんじゃないのかなぁ?と感じています。

ギャンブラーは世界が舞台

f:id:miumai:20190320053821j:plain

 

私達平凡な日常生活をしている人の中にも突然翌日から、これまでの日常がガラッと変わってしまうことがありますよね。
職場の転職もそうだし、身内の不幸もそうです。どんな事でも世界に共通して同じ今日は存在しないという事なのですが、
カジノの世界で活躍するギャンブラーは世界が舞台です。
ギャンブラーは世界が舞台と言われても、急になんだろうって思うかもしれないですが、これまで日本にカジノって今も法案は可決されたけど実際に設立まではまだ計画段階で正直いつできるのか分かりません。
だから、日本人のギャンブラーって言われてもパチスロとかそう行った類の方々が目立ってたんですけど、実は結構世界のカジノで活躍している日本人もいるのです。
何より個人的に共感できたのが「のぶき氏」
「ポーカーでは数学的思考力を高めるのに2年を費やすなど、屈指の理論派にして努力家のギャンブラーです。」
私自信が仕事に関する勉強を地道に努力して成し遂げる事を怠らないようにしているんですけど、のぶき氏も同様に一生懸命にカジノについて学んだ結果ギャンブルで生計を建てれるまでに行けたんだなって感じました。
やっぱり、カジノだから運だけで勝負だ!って言うのもありですけど、しっかり調査することも大事なんですね。

ブラックジャック、スロット、ルーレットなど、ギャンブルゲームの種類は本当に様々ですが、才能とスキルが最も結果に現れやすいのはやはりポーカーなのかなと思います。

オンカジ

f:id:miumai:20190320053821j:plain

 

オンカジとインカジの話題ですけど、日本ではオンカジよりも先にインカジの方が知らないところでサービス開始しているような気もしますが、早くオンカジが公式に日本の会社から出てきて欲しいですね。
実は、もう出てたりするのかな?今の日本ではインカジは違法のまま、オンカジはグレーな感じだと思ってればいいのかなって認識だけど、まだまだそんなにオンカジを僕やってるんですけど、っていう感じにカジノが日本で認められていないのも事実ですし難しいですよね。
でも、何度でも言いますけど、カジノがイコール悪っていうことはなくて、ただの偏見なのでもっとみんなにカジノの事を知ってもらえたらなって思います。
そもそもオンラインカジノって運営するためにライセンスの取得が必須なのですが、このライセンスを取得するのに「資金力」「経営能力」「公平性の維持」「ギャンブル依存症対策」などが、その国の規制機関によって厳しく審査されることとなります。
資金力の面をクリアすることができる時点で、気にするところでもありませんが、ライセンス許可には多額の支払いが発生することや、せっかく時間とお金を使って取得したライセンスでも、変な事を運営側で行ってしまうと、ライセンス許可の取り消しだってありえます。
取得することも敷居が高いですが、その後オンラインカジノを運営し続けていくことも簡単ではありません。
現状数年と、オンカジの歴史もまだ若いですが、極端な話一度でもライセンスを継続して所持できているオンカジサイトは超優良サイトなのではないかと思います。

高額なギャンブルを可能にするバカラって知ってますか?

f:id:miumai:20190320053821j:plain

バカラって検索をすると、超大金が動く、玄人好みのカジノゲームだということがすぐに分かると思います。
実際にバカラで大金持ちになった人は多くいるようで、中には日本人も紹介されているくらい世界的に人気のゲームなんだそうですが、そもそもバカラってどんなゲームか知ってますか?

バカラのルールは実はとてもシンプル。
ルールは簡単で「配られたカードの合計数値が9に近い方が勝ち」プレイヤーは「バンカー」「引き分け」「プレイヤー」のいずれかにべットするだけというトランプを暑かったカジノの中では極めて単調なカジノではないかと思います。
このルールがとてもシンプルで誰でも簡単に遊べることが、世界的に共通で人気を持っている理由の1つかもしれませんね。

実際の勝利する確率はほぼ50%くらいなんだそうですが、日本の方でクイズミリオネをみたことがある人なら、おそらく分かると思いますが、バカラもミリオネアと同じように答えが出るのにすごくもったいぶった演出をするようです。
単純に1枚カードをめくって結果がどうかを見るだけなのですが、結果が分かるまでの時間が長ければ長いほど、ドキドキして楽しい気持ちになりますよね。
そこでどんどん気持ちがハイになっていくことから、ハイローラーという言葉がうまれたのかなとも思ってしまいました。

ルールがシンプルで、適度な緊張感を持っていられる他にも、バカラには掛け金の上限が存在しません。
高級自動車が買えるくらいの金額を1度にベッドすることも可能です。
勝てば、高級車が何台も買えるし、負ければ0になる、ギャンブラーにとってはこんなにドキドキすることって他にはないかもしれないですね。

バカラの醍醐味はやはり実際に生身の人間にディーラーを前にカジノで遊ぶ事だと思いますが、オンカジでもバカラはプレイできます。オンラインでも実際のディーラーと画面越しにプレイするライブカジノなら、本場のカジノに近い興奮を味わう事が出来ます。